地黒や日焼けでも医療脱毛できる!おすすめクリニックは?

314view

2018.06.21

地黒や日焼けでも医療脱毛できるクリニックがある

地黒の人の医療脱毛を断るクリニックは多い

多くのクリニックでは、地黒や過度の日焼けをしている場合、医療脱毛を断られます。その理由は多くのクリニックが採用しているレーザー脱毛機器の仕組みにあります。レーザー脱毛機器は、メラニン色素に反応し、毛根や毛包にダメージを与えて毛が生えてこないようにするのです。

しかし地黒や日焼けをしている場合、レーザー脱毛機器がメラニン色素と混同して肌の色に反応します。そうすると、肌がダメージを受け、炎症が起きたり、やけどしたりするのです。もちろんクリニックでは、患者さんが炎症を起こしたり、やけどしたりするような施術は行いません。そのため地黒や日焼けをしている人は、医療脱毛を断られることが多いのです。

エステや脱毛サロンで使われる光脱毛機器もレーザー脱毛機器と原理的には同じです。メラニン色素に光が反応しますので施術を断られることが多くなります。

地黒や日焼けをしている人が医療脱毛を行うためには、レーザー脱毛機器以外の脱毛機器を使用しているクリニックで行うのがよいでしょう。

地黒や日焼けの人でも医療脱毛可能な脱毛機器

地黒や日焼けの人でも医療脱毛ができる脱毛機器があります。1つはヤグレーザーです。日本の多くのクリニックで現在使われているレーザー脱毛機器はアレキサンドライトレーザーあるいはダイオードレーザーです。いずれも日本人の肌に合っています。

ヤグレーザーは黒人の人が使用している脱毛機器です。レーザー脱毛機器ですが、レーザーの波長の長さが違い、黒人の人でも大丈夫なのです。黒人の人でも使用できますので日本人の地黒程度なら医療脱毛を行うことは容易でしょう。ただしヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーに比べ、痛みが強いです。

さらに、地黒や日焼けした人でも脱毛可能な脱毛機器は、ニードル脱毛です。電気針を使った脱毛です。毛穴に針を刺しますので痛みが強いです。

またソプラノアイスという脱毛機器も地黒の人に施術可能です。ソプラノアイスはダイオードレーザーの1つですが、3つの波長のレーザーを出すことができます。そのため地黒の人にも使用できるのです。ソプラノアイスは冷却装置が付いています。皮膚を冷やし、感覚を麻痺させながら施術を行うのでヤグレーザーやニードル脱毛のような強い痛みはありません。

ソプラノアイスを導入しているクリニックは?

地黒の人は、ヤグレーザーやニードル脱毛でも施術を行うことができますが、痛みを考えた場合、ソプラノアイスで行うのが得策でしょう。ソプラノアイスを導入しているクリニックの1つは、レジーナクリニックです。レジーナクリニックでは、無料カウンセリングを行い、地黒の人や日焼けの人にも適切な施術を行っています。

レジーナクリニックのソプラノアイスプラチナムというレーザー脱毛機器は、レーザーの出力が低く最高温度は50℃。炎症や火傷のリスクは高くありません。さらに施術部位を高速連射しながら何度も往復します。ですから地黒で毛が見えにくくても打ち漏らしがありません。レジーナクリニックのソプラノアイスプラチナムでの施術は約1時間で、全身脱毛が可能です。これは多くのレーザー脱毛機器での施術に比べ約半分の時間です。

地黒ならレジーナクリニックがおすすめ

地黒の人は医療脱毛を行うことが可能なのかを紹介しました。多くのクリニックで採用しているアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは地黒の人の施術を行えません。メラニン色素と混同して肌に炎症や火傷をもたらしてしまうからです。地黒の人は、ヤグレーザーやニードル脱毛を行うことが可能ですが、どちらの施術も痛みが強いです。

地黒でも痛みを少なくして医療脱毛を行いたいなら、ソプラノアイスを使っているクリニックがおすすめです。3種の波長のレーザーを使い、地黒でも施術可能です。ソプラノアイスを導入しているおすすめクリニックはレジーナクリニックです。レジーナクリニックのソプラノアイスプラチナムは、痛みが少ないだけでなく、施術時間が早いのもおすすめできる理由です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る