早く脱毛したい!毛周期の仕組みを知って効果的に医療脱毛をしよう

134view

2018.06.21

毛周期の仕組みと医療脱毛

医療脱毛できる毛周期は成長期

毛には毛周期があります。毛周期は、毛が成長する成長期、成長が止まる退行期、毛が抜ける休止期があります。医療脱毛の施術を行って効果的なのは成長期の毛です。多くの脱毛機器はメラニン色素にレーザーが反応します。成長期はメラニン色素が濃く、反応しやすいのです。

しかし退行期と休止期はメラニン色素が薄く、レーザーに反応しにくいのです。成長期の中でも毛母細胞が分裂を開始する成長期初期に医療脱毛を行うのが効果的とされています。

クリニックによって脱毛機器は違いますが、どの脱毛機器もこの毛周期について念頭に置いておいた方がよいでしょう。エステや脱毛サロンで行える光脱毛は、照射する光の強さがレーザーより弱いだけで、基本的には同じ要領で脱毛を行います。

最近使われるようになったレーザー脱毛機器の中には、バルジ領域という毛の成長を促す領域にダメージを与えて脱毛する機器もありますが、やはり成長期に合わせて施術した方が効果的とされています。

そして体のそれぞれの毛は、同じタイミングで毛周期を繰り返しているわけではありません。もし同じタイミングで毛周期を繰り返しているとすれば、全身に毛のない時期と、毛がたくさん生えている期間ができてしまいます。しかしそのようにはなっていません。

成長期の毛は、体全体の毛の20%ほどです。後の毛は退行期か休止期になっています。ですから1度に20%の毛を医療脱毛できたとしても、5回繰り返さなければ、100%の毛を施術することはできないのです。医療脱毛に5回必要といわれているのはこのためです。

部位によって毛周期は違う

実は部位によって毛周期は違います。ほとんどの女性が処理を行うワキは1年~2年6か月です。顔、腕、ひじ下、手の甲、太もも、ひざ下は6か月~1年6か月とされています。最近多くの女性が処理しているVIOは、1~2年です。

このように毛周期が違うので、部位ごとの成長期をめがけて施術するのが一番効果的です。しかしそのようにするとクリニックに通う頻度が多過ぎて通うのが大変でしょう。そこで2か月に1回施術を行うことをおすすめします。2か月に1回であれば、部位ごとの大きなズレもなく施術を行えます。全身脱毛するときには、特に通う頻度を少なくできるのでおすすめです。

毛周期の仕組みを理解して効果的に脱毛する

毛周期の仕組みを理解して効果的に脱毛していきましょう。例えば、あせって施術を早めに行なっても、成長期の毛が少なくてレーザーに反応する毛が少なく、むしろクリニックに通う回数が増えてしまうかもしれません。2か月に1回という毛周期をよく理解したサイクルでクリニックに通うのがよいでしょう。

もちろん忙しくてクリニックになかなか行けないことや予約が取れないこともあるでしょう。そうしたときもなるべく最初のうちは2か月に1回という頻度を守ってください。3回目以降からは、生えてくる毛も少なくなっているはずなので2か月半に1回にしても大きな影響はないでしょう。5回目以降からは3か月に1回にしても大丈夫です。

3回施術を終えると、生えてくる毛は少なくなってきます。そうすると、毛抜きでサッと生えてきた毛を処理したくなるかもしれません。しかし毛抜きで処理すると、次回の施術時に毛がレーザーに反応しなくなります。施術と施術の間の期間に生えた毛はシェーバーで処理してください。

医療脱毛は毛周期の仕組みを知って行う

医療脱毛の毛周期の仕組みについて紹介しました。毛には毛周期があり、医療脱毛のレーザーに反応するのは、主に成長期の毛です。特に成長期前半の毛に効果的です。

早く医療脱毛を終えたいなら、毛周期のサイクルに合わせて施術を行うのがよいです。2か月に1回クリニックに通うとよいでしょう。初めのうちは、特に2か月に1回の頻度で通うことを守ってください。その後、期間が多少空いても問題ないです。

あせって早く医療脱毛の施術を行っても脱毛は終わりません。最低5回10か月はかかるということを覚えておき、計画的に医療脱毛を行いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る