VIO脱毛も安心!無痛で受けられる医療脱毛があるって本当?

166view

2018.06.21

寝ながらでも受けられる無痛の医療脱毛

痛くないことで話題の「バルジ式脱毛」

どうしても痛いのは避けたいという場合におすすめなのが「バルジ式脱毛」です。医療脱毛レーザーにはさまざまな種類がありますが、そのほとんどが「痛みがあるかどうかは個人差がある」というのが現状です。どうしても「痛み」というのは個人の痛みに対する耐性によって評価が変わってしまうため、受けてみるまでは分からないと言われてしまうのです。

バルジ式脱毛の仕組み

従来の医療脱毛レーザーは、高出力のレーザーを用いて高温で毛根を焼くことでダメージを与え脱毛するというものでした。脱毛サロンで扱う脱毛レーザーは出力が低く、高出力のレーザーを取り扱うことができるのは医師が在籍する医療機関だけ。「痛みの強さ=脱毛効果の高さ」という図式だったわけです。

医療脱毛レーザーは200度近い高温で焼くため、当然肌にもダメージがあり痛みを伴います。これに対してバルジ式脱毛は別名「蓄熱式脱毛(SHR式脱毛)」とも呼ばれ、65度という低温でレーザーを照射するためやけどの心配もなく、ほぼ無痛で脱毛することができるというもの。

なぜこんなに低温で大丈夫なのかというと、バルジ式脱毛では「バルジ領域」と呼ばれる部位にレーザーを当てますが、バルジ領域は低温でも破壊することができるのです。バルジ領域は毛周期をコントロールしている部位であり、毛の発毛、育毛、脱毛というサイクルの命令を出している領域であるとされています。ここを破壊することで脱毛効果を得ることができるのです。

通常の医療脱毛レーザーでは「バチン!」と弾かれたような痛みが発生するのに対して、バルジ式脱毛の場合は湯たんぽを押し当てられているような、じんわりした感覚を覚えるだけです。あまりにも無痛のため、施術中に寝てしまったという声も聞かれることからも本当に痛くないということが分かると思います。

さまざまな毛質・肌質にも対応

脱毛レーザーは毛根の色素であるメラニンに反応して、毛乳頭にダメージを与える仕組みです。そのため、肌が地黒の人や日焼けをした人は受けても思ったような効果を得られないということがありました。日焼けをしてしまうと肌の色に反応してしまい、レーザーが毛根まで効果的に届かないのです。

しかし、バルジ式脱毛ならそのような心配はありません。毛乳頭ではなく、バルジ領域を狙って破壊するので肌の色に影響されることはありません。

さらに、従来の脱毛レーザーでは産毛や退行期に入った毛には効果がありませんでした。産毛は色も太さも十分ではなく、レーザーの影響を受けにくいため。また、脱毛レーザーは毛周期(成長期、休止期、退行期)のうち、成長期の毛にしか効果がないためです。しかし、バルジ式脱毛であればこのような毛の種類に左右されることなく脱毛することができます。

「バルジ式脱毛」を搭載する脱毛機器

バルジ式脱毛機はいくつか種類があり、それぞれのメーカーが独自性のあるものを発表しています。最新の脱毛方法ですが、近年では導入しているクリニックも増えてきており、実績、安全性からも信頼できます。

どのような機種があるのかというと、

施術時間が非常に短いのが特徴。広範囲に照射することができるだけでなく、照射口を調整することで細かい部分での施術にも対応するもの。

2つの波長(バルジ式脱毛と通常脱毛)を使い分けることで細かい部位の脱毛に対応できるのが特徴。毛質や部位に合わせて最適な脱毛を1台でできてしまうので、1回の施術で高い効果を得ることができるもの。

肌の色やけの太さに合わせて細かい設定ができるだけでなく、毛や肌を自動で識別して最適なレーザーを出力することができるのが特徴。また、1ヶ月に1回通うことができるので短期間で脱毛を完了させられるもの。

無痛で脱毛したいなら「バルジ式脱毛」

「脱毛は痛いもの」という常識をくつがえすバルジ式脱毛は、導入から数年しか経っていないためまだまだ知られていない脱毛方法です。しかし、痛みを伴わずに安心して脱毛ができるため、特に痛みを感じやすいVIOやワキなどのデリケートな部位で高い効果を実感することができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る